アロマボタニカルキャンドルシェード作り方♪

前回UPした時にコメントもいただいたので
今回は私なりに考えて作ったアロマボタニカルキャンドルシェードの作り方をご紹介します♪
作り始めた頃は型から外すときにひび割れることが多かったので
ワックス配合変えてみました♪
作りにくいところがあればアレンジしてください♪

ワックスバーの記事を参考に使ってくださっているサイトや体験などもあり、とっても嬉しいので
こちらも参考になったり気に入っていただけたら体験教室などで使ってくださってかまいません💛
もしよければサイトでご紹介いただけたり、リンクやコメントいただけたらとっても嬉しいです♡

IMG_5271[1]

○材料○
100均円柱タッパー2つ
P1000335
これは作りたい大きさくらいのものを選んでください。
片栗粉の方は中央に配置して、あとで抜きます。

パラフィン&マイクロ(ハード)ワックス
P1000338
上の型を使うとパラフィン200g+マイクロハード12gにステアリン酸8gで220g、もし底をつけるなら溶かす際にパラフィン20g多めに。

IH
P1000172
ワックス溶かす際に使います。

IH対応鍋
DSCF3656[1]
100均で購入

剥離剤(今回はシリコンスプレーがあったので使いました。サラダ油でもOK)
P1000337

花材(プリザでもドライでもいいですが厚みがありすぎて入らないこともあるので注意してください)以前の記事もぜひみてください♪

キャンドル用香料(画像取り忘れてしまいました)
紙コップ(ワックスを注ぐ際に使います)
温度計(ワックス温度を確認します)
割りばし(ワックスと香料混ぜます)
新聞紙(作業場の下に敷きます)
アイロン(表面を溶かす際に使います)*ワックスがつくのでキャンドル用で使ったら本来の用途には使えません。
段ボール箱(アイロンの際に下におきます。小さ目のものがいいと思います)




続いて作り方です♪

円柱タッパー、太いほうは内側に、細いほうは外側に剥離剤をつけます。
P1000341

ブレンドワックスを溶かします。
P1000340

タッパーの内側に水を入れて重しをし、ワックスを溶かしつつ、タッパーの間にお花を配置します。
(お花に集中してワックスを溶かしてることをお忘れなく!)
P1000343 

外側からきれいに見えるように配置してください。(と言いつつ、ささっと作ったので画像のは詰め込んだだけですいません)

P1000345
お花の配置が終わりました♪

次は香料を選び、ブレンドワックス約80度に香料(今回は5g程)入れ割りばしで混ぜます。灯すわけではないので香料のパーセンテージはお好みで。注ぎやすいように紙コップ2つに入れて、なるべくそっと(一気に一か所に注ぐと花材が結構沈みますのでうちは回しながら入れてます。)ほんの少しワックスが残るくらい、ほぼ全部入れてください。*アイロンをかけない場合は時間をかけて注ぐとワックスに層ができますので一気に注ぎます。勢いがよすぎるとはねるので注意です。
P1000346

注ぎ終わったら白く固まってくるまで待ちます。ふちの、上部分がへこんできますのでそっと継ぎ足します。(あまり多く注ぐと不自然になるのでへこんで穴になっているところだけ足す感じにしてください。もしくは、多めに注いで、ふちにお花を乗せるのもありです♪(画像参照)

DSCF4152

ワックスが固まってタッパーを持ってもワックスが揺れない状態に(液体でなく)なったら、ボウルに水を張った中に入れて固めます(ちょっと時短)。ワックスがあついうちに氷水につけるとひび割れるので、人肌くらいの温度以下になってから氷水のが間違いないと思います。また、プリザは水分NGらしいのでご注意を!
冷えてくるとワックスが収縮して型との間に空気が入ってきます(画像参照)内側の水も捨ててください。

P1000359

しっかり冷やしてきれいに外せました(^^♪
*ワックス配合を変えたので中のタッパーが先にとれる場合もあります。

この状態のものを使いたい方は下記アイロン手順を飛ばしてください。
P1000361

表面のワックスを溶かしてお花の感じをだす方はアイロンをかけます。
P1000375
表面にアイロンをあてるとぽたぽたワックスがとけて落ちるので、段ボールに新聞を敷き詰めて下に配置してから行ってください。やけどに注意です。アイロンをまっすぐあてると下に落ちます。(今回は段ボールでなはく、大き目紙袋に新聞紙を入れて使用しました)

最後に底部分にワックスが垂れて固まっているのをささっとアイロンあてて、アイロンは終了。

中に100均キャンドゥで購入したLEDイルミネーションライト(四角)を入れて撮影。(ちょうどライトが真ん中あたりで引っかかって固定される感じです)
DSCF4023
P1000393 P1000394P1000399

ちゃんとわかるようになってるか不安ですが、不明点あればコメントいただけましたら返信します(^^♪




関連記事

コメント

    • Kazu
    • 2017年 4月 21日

    初めまして(^^)
    楽しくお勉強させて頂きました。成る程〜って目から鱗の様な気持ちです。
    とても分かり易かったのですが初心者なので一つ質問させて下さいませ。少し白くかたまったらお花を貼り付ける時ってタッパーは二重になったままですよね?割り箸やピンセットか何かを使って貼り付けて行ってるのですか?相当難しそうな気がするのですが…。画像があったら目で確認したいのですが。どうぞよろしくお願い致します(^o^)

      • kamichan
      • 2017年 4月 25日

      コメントありがとうございます!
      こちらは2重になっている空洞のところにプリザやドライのお花を割りばしで配置して、その後ワックスを注いでいます!
      画像しばらくお待ちいただけたらまた撮ってUPいたします!また何かありましたら遠慮なくコメントくださいね!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る